る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

リトルカブにベトナムキャリアを付けて積載量をアップしてみた

f:id:ruko036:20180704165028p:plain

バイク初心者がリトルカブを購入して3年が経過しました。

街乗り程度で走行距離がまだ400kmを越えた新車同様状態です。

 

いつかはこれに乗って遠征もしたいと思うんですが、デフォルトのままだと荷物を積むためのカゴやリアボックスはありません。

 

そこでまずはカブには欠かせない積載量アップアイテムを取り付けてみようと思いました。

 

リトルカブにベトナムキャリアを付けよう

カブに乗るなら付けておいて損はないアイテムの1つと言えば、ベトナムキャリア(通称ベトキャリ)です。

 

用途は幅広く、ちょっとした買い物からガッツリと荷物を固定するのに活躍してくれます。

 

積載アップアイテムとしてもですが、何よりベトキャリを付ければカブらしさが増すのがポイントですよね。

 

ベトナムキャリはどこで買えるの? 

る〜子さんのようなバイク初心者からすれば、ベトナムキャリアのようなパーツは「どこで買えるのか?」と悩んでしまいます。

 

とりあえずバイク用品店に行けば置いてるはずと思い、有名所に足を運んでみました。

しかしベトナムキャリアを置いている店はありませんでした。

 

カブのパーツならこのお店!

「カブのパーツを豊富に取り扱っているお店はないものか?」と検索していくと、1つのお店にたどり着きました。

 

アウトスタンディングモーターサイクルさんです。

アウトスタンディングモーターサイクルは「カブ パーツ(ベトナムカブパーツ)、カブ用(デラックス、リトル、クロスカブ、プレスなど)各種部品・消耗品、旭風防製品、マッハ/CB750K/Z系車両などビンテージモーターサイクル・部品」の通販に特化したネットショップです。

  

サイト内を見ていくとカブパーツが豊富に揃えられています。

探していたベトナムキャリアも種類が豊富に取り揃えられていました。

 

ベトナムキャリア到着

注文して数日でベトナムキャリアが到着しました。

今回購入したのはリトルカブ用のベトナムキャリアになります。

 

ベトナムキャリアと言っても、車種によって形状が違うので購入時は注意してください。

 

コンビニフックも追加注文

せっかく初めてカブのパーツを注文するんだからってことで、ベトナムキャリアと一緒にコンビニフックも取り寄せてみました。

 

コンビニフックも種類が豊富に用意されていたので、車体に合う赤のフックをチョイスしてみました。

 

ベトナムキャラの取り付け

それでは早速ベトナムキャリアを取り付けていこうと思います。

 

「マシーンをカスタマイズ」って言うと難しそうなイメージがありますが、ベトキャリの取り付け程度だと「ボルトを緩める・絞める」ことができれば誰にだって出来てしまう簡単な作業です。

 

ベトキャリを取り付ける際にレンチが必要になります。

今回だけに限らず、何かと必要になる工具だと思うので1本か2本用意しておきましょう。

 

取り付け作業スタート!

ベトナムキャリアの装着イメージはこんな感じ。

元あるボルト4点と共締めするだけなので本当に簡単です。

 

本体の両サイドは付属の延長パーツを使って固定します。

ちなみにこのパーツのことを「ステー」って言うらしいですよ。

 

元あるボルトを外して、一緒に固定しなおすだけなので難しくありませんね。

上が10mmで下が12mmのボルトになります。

 

サイドが固定できたら、次はこの部分。

元々付いていたコンビニフックを外しベトナムキャリアを固定します。

 

この時、新しく購入したコンビニフックへの付替えもやってしまいます。

やはり赤にして正解でしたね。白をバックに赤は映えますねぇ。

 

取り付け完了!

ボルトが少々硬く固定されていたので緩めるのに苦戦しましたが、それ以外は難なく作業終了。

 

これでリトルカブにベトナムキャリアが装着されました。

赤のコンビニフックもマッチしていい感じです。

 

このままでもベトナムキャリアとして使うことはできますが、オマケとして100円均一で購入した荷物固定用ネットを付けてみました。

 

これは本来自転車のカゴ用として売られていましたが、こうして代用できるのもいいですね。

 

固定するフックが弱そうなのが気になりますが、壊れたら気軽に買い換えれるのが100均アイテムの良さでもあります。

 

今回のカスタムパーツ費用

さて、気になる今回のカスタムパーツ費用は以下のようになりました。

 

全部合わせても2000円しない費用でリトルカブの積載量アップができました。

バイクのパーツって高価なイメージがありますが、カブは格安でカスタマイズできるのも魅力の1つですね。

る〜子のおしまいコメント

いかがでしたか?

ベトナムキャリアをリトルカブに装着する工程も交えて紹介してみました。

 

パーツ自体も安く手に入りますし、何と言っても装着が簡単なのが助かります。

これで多少は荷物が積めるようになったので、遠征実現へ一歩前進したと言えるでしょうか。

 

カブは無限にカスタマイズできるバイクなので、また何か気になった事があれば作業してみようと思います。

おわり