る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

iPhone6Sをケース無しの裸で1年間使ってみた感想。傷や汚れはどのくらいついたのか?

iPhone6Sを購入してからケースを付けずに裸で使っています。

 

裸で使うということは端末に傷や汚れが付いてくるもの。

1年間iPhoneを裸で使うと、どのようになるのか紹介していきます。

iPhone6Sをケース無しで1年間使ってみた感想

ケースも付けずに1年間iPhoneを使っていると傷だらけの見るも無残な状態になることを想定していました。

 

しかし結論から言うと「意外と綺麗な状態」を保ってくれています。

 

全く傷のない美品状態ではありませんが、酷い状態にはなっていないところを見るとiPhoneはケースを必要としないスマホなのではないかと思えてきました。

  

よく見ないと分からない傷

iPhone 傷

iPhone 傷

iPhone 傷

目を凝らして見ないと分からないレベルの細かな傷が付いています。

こうして写真に収めるためにはマクロレンズが必要なくらい寄らないと分からないレベルです。

 

目に見えて分かる大きな傷はありませんでした。

 

そして傷が多く見られたのは角の部分です。

やはり落としたりした際は角から落ちるので細かな傷が多く出来たのかなと思われます。

  

傷とは別に3枚目の写真のように塗装が剥げてきているような箇所もありました。

傷よりこっちの方が気になりますね。

雨などで水が付着したままにしていると錆びのような状態になってきているのかもしれません。

 

iPhoneを裸で使う際は、落下よりも水滴などによる錆びに注意をしたほうがいいでしょう。

昔からiPhoneの傷は美しいと言われ続けてきましたが、錆びを美しいとは言われていませんからね。

 

画面割れは回避したい

ガラスフィルム

iPhoneを裸で使う際は本体の傷ばかりに気をつけていてはいけません。

 

スマホの命とも言うべき画面にも気をつけましょう。

落下時に画面から落ちてしまうと画面が割れてしまい使い物にならなくなってしまいます。

 

普通のフィルムで保護するよりもガラスフィルムでしっかりガードすることをオススメします。

 

私も1度、不注意から落としてしまった際に貼っていたガラスフィルムが欠けてしまいました。

もしフィルムを貼っていなかったら画面が割れていたかもしれません。

 

裸使用とは言え、画面だけは保護しておいても損はありませんよ。

る〜子のおしまいコメント

iPhoneは他のスマホと比べると脆いイメージがありますが、意外と裸で使っても問題はなさそうです。

多少細かな傷は付くかもしれませんが、それは長年使ってきた証としていいのではないでしょうか。

 

しかし画面割れに関してはそうも言ってられないので、そこだけは保護するようにしましょう。

おわり