る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

ソニーのコンデジ「DSC-RX100」にNikonのネックストラップを付けて旅カメラに磨きをかけてみた

以前ソニーから発売されているコンパクトデジカメDSC-RX100にManfrottoから発売されているミニ三脚を取り付けた記事を紹介しました。

 

このミニ三脚を付けたことで撮影の幅が広がりましたが、肝心なものを付けていないことに気づきます。

それはストラップです。

 

毎回使う時にポケットや鞄から出し入れするのは面倒。

それにいざ使いたい時に使えず、シャッターチャンスを逃す時もあるかもしれません。

 

そうならないために、今回はRX100にネックストラップを付けてみることにしました。

RX100にネックストラップを付けてみた

早速AmazonでRX100に付けるネックストラップを検索してみます。

コンデジ用のネックストラップは多種多様にヒットしますが、できるだけRX100にピッタリなデザインを選びたいと考えていました。

 

そして選び抜いた結果、1つのネックストラップを購入することにしました。

 

Nikon ネックストラップ 一眼レフ用

RX100 ネックストラップ

今回購入したのは、こちらの「Nikon ネックストラップ 一眼レフ用」になります。

商品名から色々と矛盾を感じるかもしれませんが、これがベストかなと思いました。

 

一眼レフ用となっていますが、コンデジでも使えます。

Amazonレビューを見ていると同じようにRX100で使っている方も居るくらいなので、細かなところは気にしないでいいでしょう。

  

評価も高く、値段も1000円しないのでコストパフォーマンスとしても良さそうなネックストラップではないでしょうか。

 

ネックストラップの紹介

ニコン ネックストラップ

ニコン ネックストラップ

これと言って目立った特徴もないんですが、ネックストラップを紹介しておきます。 

 

色もブラックでRX100の本体カラーにマッチしますし、「Nikon」ってロゴも一部にしか入っていないので気になるレベルではないです。

 

しかし物によってはロゴがベルト部分にも書かれている場合があるようで、私が購入した物には入っていませんでした。

 

ベルト部分にロゴが入っていると目立つので、気になる方は別のネックストラップを検討してみてもいいかもしれません。

 

取付作業が苦手です

RX100に購入したストラップを取り付けるわけですが、私はこのストラップ穴に紐を通す作業が苦手です。

 

紐の先端をねじってみたり、紐通しを使って挑戦してみたりと四苦八苦しながら通すことができました。

 

余談になりましたが、ストラップを通す作業って意外と時間がかかるものです。 

RX100に三脚+ネックストラップを装着完了

DSC-RX100

RX100にネックストラップとミニ三脚を取り付けることができました。

こう見るとコンデジっぽさが無くなった気がしますが、携帯性はむしろ良くなったように思えます。

 

散歩をする時や旅行に行くときのカメラとして今後も活躍してくれそうです。

 

る〜子のおしまいコメント

いかがだったでしょうか。

コンデジにネックストラップを付けることで携帯性が良くなり、特に旅行カメラとしては利便性が増していいですよ。

 

他にもネックストラップはありますが、シンプルでありコストパフォーマンスに優れている物としてオススメできるので、今回の記事を参考に購入を検討されてみてはどうでしょうか。

おわり