る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

ダニエルウェリントン CLASSIC SHEFFIELDのすぐに分かる本物と偽物の見極め方を紹介します


99円から本が買える!【Kindleセール情報を随時更新中】

f:id:ruko036:20180709111952p:plain

男女問わず、幅広い年齢そうに人気のある時計ブランドDaniel Wellington(ダニエル・ウェリントン)をご存知でしょうか。

 

大人のオシャレを楽しむ。ダニエルウェリントン とも言われているようで、私も知人の勧めから1つ購入しました。

今ではお気に入りの腕時計となっています。

 

中でも人気なのは「CLASSIC SHEFFIELD」モデルです。

シンプルなデザインなので飽きが来ず、普段使いから仕事用としても付けることができるのも人気の理由でしょう。

 

しかしブランド物の宿命と言うべきでしょうか。

Daniel Wellingtonの腕時計も本物に混じり偽物が世に出回っているんです。

 

そこで今回は直営店から購入したCLASSIC SHEFFIELDモデルを使って、本物と偽物を見分けるポイントを紹介しようと思います。

Daniel Wellingtonの本物と偽物の見分け方

まずこの動画を御覧ください。

 

 

動画では実際にDaniel WellingtonのCLASSIC SHEFFIELDモデルの本物と偽物を比べた内容になります。

この動画を参考に、直営店で購入したCLASSIC SHEFFIELDモデルを見ていこうと思います。

 

Daniel Wellington CLASSIC SHEFFIELD

それでは早速見ていくことにします。

細かなところは動画を見てもらうとして、パッと見ですぐに判別できるポイントを紹介していきます。

 

箱で見分けるポイント

CLASSIC SHEFFIELD

先ほど紹介した動画の中では2種類の箱が出てきました。

本物は見開きタイプの箱に入っており、蓋をするタイプの箱には入っていません。

デザインも全く別物です。

 

動画の中でも白いデザインの箱から出てきた時計を「偽物」と言っています。

 

しかし箱だけで本物か偽物かを断言するのは難しいです。

偽物を製造している業者も対策として箱を似せてくる可能性もあります。

 

箱で本物か偽物かを決めつけるのは難しいので、時計本体でチェックしていきましょう。

 

保護フィルムの赤線をチェック

まずは本体に貼られているフィルムが見極めるチェックポイントになります。

 

CLASSIC SHEFFIELD

CLASSIC SHEFFIELD

表裏には傷防止のためにフィルムが貼られています。

よく見るとフィルムには赤い線が入っているのがお分かりでしょうか?

実はこの赤線が本物の証なんです。

 

動画でも偽物の方に貼られているフィルムには赤線が入っていません。

 

安易な見極めポイントのようにも思えますが、本物だからこそ細かな所に気をかけているってことなのではないでしょうか。

 

リューズの形が「ドーム型」かチェック

CLASSIC SHEFFIELD

これはひと目で分かるチェックポイントではないでしょうか。

 

本物はリューズが「ドーム型」になっています。

動画では偽物は平らのリューズでした。

 

しかしモデルによってはリューズの形が平らな物も公式より発売されています。

今回はCLASSIC SHEFFIELDモデルを見極める時のポイントだと言うことをお忘れなく。

 

ベルト外しはロゴ入りかチェック

時計を購入するとベルトを付け替える際に利用するベルト外しが同梱されています。

このベルト外しも本物と偽物とでは作りが違います。

 

CLASSIC SHEFFIELD

本物には「DW」のロゴが入ったベルト外しが入っています。

動画では偽物の方に入っていたベルト外しは粗末な物が入っていました。

 

やはり本物だからこそ細かな部分にまで手が加えられているので、見極めるポイントとして分かりやすいですね。

 

マニュアルのデザインをチェック

CLASSIC SHEFFIELD

CLASSIC SHEFFIELD

本体に同梱されているマニュアルも本物と偽物とでは全く違う物が入っています。

 

一番分かりやすいのはサイズになりますが、偽物と比較できないので、そこが難しいところです。

見た目で比べるのであれば、中に使われている写真が違います。

 

ベルトのロゴがレリーフ調かチェック

CLASSIC SHEFFIELD

CLASSIC SHEFFIELD

ベルトも本物と偽物とでは作りが違っています。

すぐにチェックできるポイントとしては、ベルト裏に書かれているロゴです。

 

本物はレリーフ帳で触ると凹凸があるのが分かります。

そしてその文字が黒で装飾されているのが本物の証です。

 

偽物は凹凸までは再現されているものの、黒の装飾が施されていません。

 

しかし注意したいのはベルトだけが本物というパターンがあるかもしれないことです。

直営店ではベルト単体の販売も行われています。

 

直営店での購入をオススメします

CLASSIC SHEFFIELD

ここまで動画を交えながら本物と偽物の見極めるポイントを紹介してきました。

 

しかし多くの方はDaniel Wellingtonの時計を購入する際は通信販売を利用するのではないでしょうか。

検索するとAmazonや楽天などでは格安で販売されているのを見かけます。

 

いくら見極めるポイントを知っていたからと言って、通信販売では手元に来るまで本物か偽物か分からない状態です。

仮に偽物であれば返品すれば済む話かもしれませんが、受け付けてくれない店舗も中にはあります。

 

やはり安心して本物を手に入れるのであれば、Daniel Wellingtonの直営店から取り寄せることをオススメします。

る〜子のおしまいコメント

いかがだったでしょうか。

ブランド物の宿命とも言える、本物と偽物の見極めですが素人でも簡単にできるポイントとして今回紹介させていもらいました。

 

精巧な偽物を付けて生活するより、少々割高にはなりますが本物を付けて生活してDaniel Wellingtonの腕時計を満喫してください。

おわり

【スマホゲーム専門ブログ】ソシャゲな