る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

Spigen ネオハイブリットケースでiPhoneXやiPhoneXSをしっかり守る!2重構造だからこそ出せる安心感で破損も怖くない

昔はiPhoneを裸で使う派だったので、ケースを付けずに使ってきました。

しかし新型が発売されるたびに本体価格は上がる一方。

今では当たり前のように10万円を越える価格となってしまいました。

 

そんな高価なiPhoneを万が一にでも落としたら、最悪破損。

そして高額な修理費を払う羽目になってしまいます。

 

「そんな目に会いたくない」

そう改心した私は、iPhoneにケースを付けることにしました。

Spigen ネオハイブリットケース 

Spigen ネオハイブリット

今回選んでみたのはSpigen(シュピゲン)から発売されているネオハイブリットケースです。

iPhoneXとなっていますが、同サイズのiPhoneXSにも装着が可能です。

 

商品説明に「米軍MIL規格取得 耐衝撃」といかにも凄そうな耐久性を謳っているので、ケースとしては申し分なさそう。

 

カラーバリエーション

ケースの色はガンメタルを選びました。

他にもカラーバリエーションは用意されています。

  • ガンメタル
  • サテンシルバー
  • バーガンディ
  • ペールドッグウッド

 

ケースの紹介

Spigen ネオハイブリット iPhoneX

Spigen ネオハイブリット iPhoneX

TPU素材の本体とポリカーボネートのバンパーの2重構造になっているようです。

iPhone本体への衝撃をTPU素材が吸収し、角からの落下の衝撃をポリカーボネートのバンパーが防いでくれます。

 

通常のケースよりもガードは硬そうなので安心して使えそうです。

  

Spigen ネオハイブリット iPhoneX
ケースの内側には独特の溝があり、これが衝撃を分散する役割をするそうです。

耐衝撃を優先したケースなので、薄型のものと比べると厚みがあることが分かります。

 

Spigen ネオハイブリット iPhoneX
Spigen ネオハイブリット iPhoneX

カメラ周辺は段差を無くすために高さが設けられています。

iPhoneX・XSのカメラは出目金になっているので、直に置くのは極力避けたいですからね。

 

端子周辺も深さがありますが、衝撃から守るというよりは傷防止対策でしょう。

 

Spigen ネオハイブリット iPhoneX
Spigen ネオハイブリット iPhoneX

電源やボリュームボタンもTPUケース側で保護されています。

ミュートスイッチだけは切り替えが必要になってくるので、くり抜きで深さを設けて保護する形です。

 

好みの分かれるロゴ

Spigen ネオハイブリット iPhoneX

これは好みの問題になりますが、シュピゲンのケースの特徴とも言うべきロゴがケースに刻印されています。

 

持ってしまえば気にならないんですが、無地を好む人にとってはマイナスポイントになるかもしれません。

 

ケースを装着した様子

Spigen ネオハイブリット iPhoneX

Spigen ネオハイブリット iPhoneX

Spigen ネオハイブリット iPhoneX
Spigen ネオハイブリット iPhoneX

画面側やカメラ周りに段差が設けられることで、直に触れることが無くなります。

これでガラスが割れてしまう事は回避できそうです。

 

端子部分は口が大きく開いているので純正のLightningケーブルからサードパーティ製のケーブルまで問題なく使えそうです。

 

このケースの欠点

それはやはり厚みと重さが増えてしまうことです。

衝撃から守ることを優先して作られているので、そこはどうしても回避できないところかな。

 

あと画面全体をカバーするガラスフィルムも、物によっては端が浮いてしまう可能性もあります。

私が今貼っているガラスフィルムは問題ありませんでした。

る〜子のまとめコメント

ガッシリとしたケースなので、ちょっと落とした程度なら大丈夫そう。

角から落ちた時に本体へダメージが大きいと言われているので、その対策もしっかりと取られているので安心です。

 

持った時にズッシリと感じることはありますが、それだけ守ってくれていると思えば苦にならないかな。

 

iPhoneX・XSをしっかり守るケースをお探しなら、Spigenのネオハイブリットケースはおすすめですよ。

おわり

iPhone修理のダイワンテレコム