る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

【MHW】キャラエディで理想を求めて完成したカノジョを紹介します


99円から本が買える!【Kindleセール情報を随時更新中】

 

モンスターハンターワールドが0時スタート!

f:id:ruko036:20180126001906j:plain

てっきり日替わりでダウンロードがスタートすると思っていたんですが、既に25日の昼間にモンスターハンターワールドの本編がダウンロード完了となっていました。

 

26日の日替わりと同時にプレイがスタートできるようになっているなんて、ダウンロード版予約の神対応に涙までは出ませんが素晴らしい仕様だと思います。

 

キャラクターをカスタマイズ

ゲームをスタートしてすぐに自分の分身となるキャラクターエディットに入ります。

ここで何時間も費やす人も居るくらい、今作のカスタマイズ項目は豊富に揃えられています。

 

職人の業

まとめでも取り上げるくらい、Twitter上には独自目線で作り上げられたキャラクターたちが揃っていました。

 

 

ネタに走るか、理想で固めるか。

そこもまたゲームで遊ぶセンスに繋がるような気がします。

 

キャラクターを作ってみる

f:id:ruko036:20180126002501j:plain

今回ベースとしたのは、ボブヘアーの日本人ベースっぽい女の子。

このままでも十分なんですけど、エディットしないと。

 

まず先に言っておきたい。

ネカマしたくて女の子キャラを作るのではなく、エロい装備を付けて鑑賞したいのが目的だ!

と言うことを。

 

ネカマもキモいし、エロい装備をつけて鑑賞するのもキモい

どちらにせよ、キモい!

 

( ´ー`)フゥー...

それはさて置き、エディットに入ります。

 

髪型は最後

f:id:ruko036:20180126002514j:plain

まずは坊主を選択します。

顔のパーツを選ぶのに髪は邪魔になりますからね。

 

坊主でも可愛く見えてしまうってカプコン仕事してるねぇ。

 

髪の毛は顔のパーツを選び終わってから設定します。

 

選んでは微調整の繰り返し

f:id:ruko036:20180126002536j:plain
f:id:ruko036:20180126003242j:plain
f:id:ruko036:20180126003001j:plain
f:id:ruko036:20180126002744j:plain

 

選んでは微調整、選んでは微調整を繰り返すのがキャラエディの大変なところ。 

 

理想に近づけれたかなと思ったら、「あれ?バランスが」と気になりだします。

そしてまた選んでは微調整を繰り返すんです。

 

理想を求めすぎると「本編にいつ入れるんだろう?」

そんな不安が頭をよぎります。

 

完成

f:id:ruko036:20180126005320j:plain
f:id:ruko036:20180126005551j:plain
f:id:ruko036:20180126005014j:plain
f:id:ruko036:20180126005019j:plain


試行錯誤しながら作り上げたキャラクターがこちらになります。

ベースと比べると全くの別人になりますね。

 

あくまで個人的な好みで設定したんで、評価はあまりしないでくださいね。

 

 

うちの子が1番と思える心理

f:id:ruko036:20180126005825j:plain

 

丹精込めてエディットしたわけですから、みんなに見てもらうためにブログネタにする親心。

いやぁ、気持ち悪いですねぇw

 

そう思いつつも、他の人が作ったキャラよりべっぴんさんって思っているわけで。

やっぱりキモいですねぇ。

 

このキャラクターを自分の分身として操作し、モンスターハンターワールドの世界を駆け巡るわけです。

 

名前は「る〜子」にしているんで、見かけたら適当にあしらってください。

 

装備を付ければ気にならない

「それを言っちゃ、おしまいよ」って思うかもしれませんが、装備を付けてしまえばキャラクターのベースよりも装備に目が行ってしまいます。

 

幸いにも頭装備は非表示設定に出来るので、お顔は拝むことが出来るようになっています。

 

それでもゲーム中はカメラアングルが引きの状態ですし、モンスターを狩ってる最中はキャラクターに目を向けている余裕はありません。

 

とは言いながらも合間を見ては眺めるんでしょうね。

うん、キモい!!

 

る〜子のおしまいコメント

狩りに夢中になってブログ更新忘れたらゴメンね