る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

2018年の最後を締めくくった映画作品の感想と1年間に見た作品を振り返ってみる

2018年も映画館で多くの作品を見てきました。

 

そこで今年最後を締めくくった作品の簡単な感想と、この1年で見た作品を振り返っていこうと思います。

 

2018年を締めくくった映画作品

f:id:ruko036:20181227125422j:plain

2018年の締めくくりとして見た作品は「シュガー・ラッシュ:オンライン」です。

 

もっとド派手なアクション映画か血みどろなホラー映画で締めるつもりでしたが、とても心優しくなる作品での締めとなりました。

 

f:id:ruko036:20181227125421j:plain

今作はラルフとヴァネロペがインターネットの世界を冒険する話です。

 

f:id:ruko036:20181227125424j:plain

インターネットの世界を子供にも大人にも分かりやすく表現するって凄く難しいことだと思うんですが、「流石ディズニー」と感心させられる世界観で作られていました。

 

f:id:ruko036:20181227125423j:plain

前作でもそうでしたが、いろいろな有名キャラクターが出演しているのも見どころの1つ。

 

作中ではマーベルキャラクターに混じって、スタン・リー氏がキャラクターとして登場していたのはマーベル作品を讃えつつ、スタン・リー氏を追悼する意味も含めてなのかなと考えてしまいました。

 

f:id:ruko036:20181227125420j:plain

あとディズニープリンセスが1つの作品に集結するシーンも珍しいので見ものです。

ドレスを脱いでスウェットなどラフな容姿になるところはシュガーラッシュでしか見れない光景だと思いました。

 

細かいところで言うと、ラルフが大事に持っているペンダント。

遠目では英文なんですが、アップになると和訳されているんですよね。

こうした細かい気遣いができるのがディズニー作品なのかな。

 

普通に見ていて面白かった映画なので、2018年の締めとしては良かったかなと思います。

 

2018年に見た映画作品

私がよく行く映画館はTOHOシネマズです。

TOHOシネマズのウェブサイトでは過去に自分がどんな作品を見てきたのか履歴で追うことができます。

 

そこで2018年にTOHOシネマズで見た作品を一覧にまとめてみました。

 

  • キングスマン ゴールデン・サークル
  • グレイテスト・ショーマン
  • さよならの朝に約束の花をかざろう
  • ブラックパンサー
  • シェイプ・オブ・ウォーター
  • トゥームレイダー ファースト・ミッション
  • トレイン・ミッション
  • レディ・プレイヤー1
  • アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
  • ランペイジ 巨獣大乱闘
  • デッドプール2
  • (MX4D)劇場版マクロスF
  • アメリカン・アサシン
  • ジュラシック・ワールド/炎の王国
  • 未来のミライ
  • インクレディブル・ファミリー
  • ミッション:インポッシブル フォールアウト
  • オーシャンズ8
  • ペンギン・ハイウェイ
  • 劇場版 のんのんびより ばけーしょん
  • ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-
  • ザ・プレデター
  • モンスターストライク THE MOVIE
  • デス・ウィッシュ
  • ヴェノム
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ファンタスティック・ビーストと黒い
  • シュガー・ラッシュ:オンライン

 

今年は28作品見てきた結果となりました。

単純計算で毎月2~3本ペースで見てきたことになります。

 

28と中途半端な数字になってしまったので、来年は最低でも30作品は映画館で見るようにしたいと思います。

 

2018年に見た最高の1本は?

今回紹介した作品の中から「2018年に見た最高の1本」を選ぶとしたら、私はこの作品を選びます。

 

さよならの朝に約束の花をかざろう

 

映画館でみっともなく大号泣した作品ですから、これ以外に無いかなと思います。

改めて家で見直そうとBlue-rayも買ったんですが、またあれだけ泣くことになるのかなと考えると今も怖くて見れてません。

 

全体としては感動で止まるんですが、最後の最後で涙腺にトドメをさしにくる演出が襲ってくるので、いい意味で監督の岡田麿里さんがニクイです。

 

次の作品が控えているなら楽しみでもあるんですが、また泣かされるのかなぁ。

 

2018年に見た最悪の1本は?

最高も有れば、最悪も有るってことで、「2018年に見た最悪の1本」も選んでおきます。

私が選んだのはこちら。

 

ザ・プレデター

 

「もうプレデターじゃなくてもいいじゃん」って感じの内容で、ハッキリ言ってB級クラスのモンスター映画でした。

 

敵味方も曖昧な感じで、プレデターに襲われる緊張感も無い。

ただ派手な戦闘をしているだけって感じです。

 

終わり方も中途半端に次回作に繋げようとしているけど、絶対に映画館では見ない。

レンタルでも見たいと思わないかも。

プライムビデオで無料配信されて、超暇な時に流し見する程度でいい。

 

プレデターも地に落ちたなって感じで、1つのコンテンツが終わったように思いました。

 

る〜子のまとめコメント

今年も数多くの作品を映画館で見てきました。

家で見る映画も好きですが、やはり環境が整った場所で見る方が映画作品を満喫できます。

 

来年はどんな作品を見ることになるのか楽しみです。

おわり

 

はてなブログキャンペーン(2019年1月9日まで)▼

映画「シュガー・ラッシュ:オンライン」の感想 #シュガラお題



sponsored by 映画「シュガー・ラッシュ:オンライン」(12月21日公開)