る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

“る〜子のヲタく拝見”

外野の意見が邪魔をして、吉本芸人の闇営業問題がズレ始めている。

吉本芸人の闇営業問題を各メディアが毎日のように取り上げています。

 

先日には当事者である宮迫博之氏や田村亮氏が会見を開き、そこで明かされていなかった吉本側の対応について語ったことで、事態はさらに大きくなりました。

 

「吉本側の対応は酷い」とSNS上では拡散し、ほかの吉本芸人やタレントもこの事についてコメントした結果、対応に応じた岡本社長も会見をする形となりました。

 

 

吉本芸人の闇営業問題がズレ始めている

当初2人が会見をして少しは落ち着くかなと思っていた今回の問題。

しかし火に油を注ぐように更に問題は大きくなりました。

 

でもその矛先が闇営業に関わった人ではなく、所属事務所である吉本に向けられていることに疑問を持っていました。 

 

確かに吉本側の対応も良いとは言えないものの、「企業としての対応も有ったのでは?」と思ったからです。

 

闇営業を行ってしまった当事者が会見を開いて謝罪したい気持ちも分かりますが、タイミングや下手なことを言ってしまうと更に悪化してしまう可能性もあるので、入念な準備が必要だったのではないかとも思いました。

 

しかしそれらを振り切ってでも会見をすると一点張りされると、岡本社長も感情的に動いてしまったのかなと。

 

2人の会見以降、ちょっと論点がズレてきている気がして余計にモヤモヤした気持ちになっています。

 

YouTuberのご意見番はこう語る

 

この動画を見た時、「その通り!」と思いました。

シバターの動画は過激な内容が多い中、共感できるものとしてこの動画を紹介しました。