る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

“る〜子のヲタく拝見”

iPhone XユーザーがiPhone 11とiPhone 11 Proの2機種と比較して買い換えを検討してみる

毎年恒例のiPhone新型発表会が開催されました。

 

新型iPhoneはリーク通りの見た目と仕様でしたが、それも今に始まったことではないので答え合わせ的な感じでプレゼンを見ていました。

 

iPhone 11・iPhone 11 Pro・iPhone 11 Pro Maxの3機種がラインナップされます。

 

ここではiPhone Xユーザーの私が仕様を比較しながら買い替えを検討してみる内容になっています。

 

 

iPhone Xユーザーから見た、iPhone 11とiPhone 11 Pro

iPhone11Pro

こちらはiPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxになります。

これまでのモデルと明らかに違うのはカメラ部分で、2眼から3眼に変わりました

 

カラーバリエーションもこれまでのものに加え、ミッドナイトグリーンが追加されます。

 

iPhone11

こちらはiPhone 11になります。

iPhone XRの後継機の位置づけとなるので廉価モデルとなり、Proモデルと比べるとカメラは3眼ではなく2眼です。

 

カラーバリエーションはiPhone XRに有ったブルーとコーラルが無くなり、新たにパープルとグリーンが追加されました。

 

そして両モデルに言えることは、背面のアップルロゴが中央に配置されました。

 

この時点で買い替えを検討するのであれば、大きく見た目も変わりカメラが1つ増えた『iPhone 11 Proのミッドナイトグリーン』を選ぶでしょう。

 

しかしあくまでこれは見た目から選んだもの。

仕様を見ていくことで心変わりする可能性があるのでチェックしていきます。

 

容量と価格

  iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
64GB 80784円 115344円 129384円
128GB 86184円    
256GB 98064円 132624円 146664円
512GB   156384円 170424円

*8%の税込価格

 

Appleは今回から下取りを強く推しているようで、Apple Storeから購入する際に下取り価格を含めた価格表示ができるようになっています。

 

ぶっちゃけAppleに下取りしてもらうより、買取を行っている店舗で売るほうが高値になるので、そこは信仰心なのかなと思います。

 

しかし毎度のことながら10万円を余裕で超える価格設定には驚かされますね。

ここに10月からの増税が絡んでくると、「買うなら今!」と金銭感覚がマヒしてきそうです。

 

チップ

iPhone X iPhone 11 iPhone 11 Pro
A11 Bionicチップ A13 Bionicチップ
Neural Engine 第3世代のNeural Engine

 

詳細は公表されませんが、チップは強化され処理が早くなります。

当たり前と言えば当たり前ですが、A11からA13に変わることでその違いを大きく感じるかもしれませんね。

 

ディスプレイ

iPhone X iPhone 11 iPhone 11 Pro
Super Retina HDディスプレイ Liquid Retina HDディスプレイ Super Retina XDRディスプレイ
5.8インチ(対角)オールスクリーンOLED Multi‑Touchディスプレイ IPSテクノロジー搭載6.1インチ(対角)オールスクリーンLCD Multi‑Touchディスプレイ 5.8インチ(対角)オールスクリーンOLED Multi‑Touchディスプレイ
HDRディスプレイ   HDRディスプレイ
2436 x 1125ピクセル解像度、458ppi 1792 x 828ピクセル解像度、326ppi 2436 x 1125ピクセル解像度、458ppi
1000000:1コントラスト比(標準) 1400:1コントラスト比(標準) 2000000:1コントラスト比(標準)
True Toneディスプレイ True Toneディスプレイ True Toneディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3) 広色域ディスプレイ(P3) 広色域ディスプレイ(P3)
3D Touch 触覚タッチ 触覚タッチ
最大輝度625ニト(標準) 最大輝度625ニト(標準) 最大輝度800ニト(標準)

 

ハッキリ言ってディスプレイはどんな仕様であれRetinaディスプレイは綺麗なので、名前は違いますがどのモデルを選んでも良いと思います。

 

画面サイズはiPhone 11が6.1インチで、他は5.8インチと変更はありません。

 

個人的に気になったのは3D Touchが廃止され、触覚タッチになったことです。

アプリの使い方としては変わらないと思いますが、やはり世間では必要とされてなかった仕様だったのかなと思いました。

 

デザイン

  iPhone X iPhone 11 iPhone 11 Pro
本体使用素材 ガラスとステンレススチールのボディ ガラスとアルミニウムのボディ テクスチャードマットガラスとステンレススチールのボディ
高さ 143.6 mm 150.9 mm 144.0 mm
70.9 mm 75.7 mm 71.4 mm
厚さ 7.7 mm 8.3 mm 8.1 mm
重量 174 g 194 g 188 g

 

スマホは毎日持ち歩くものですから、小さく軽いに越したことはありません。

しかしカメラを増やしたりしたことで、サイズ感は大きくなっています。

 

特に重さに関してはiPhone Xから比べると10g以上重くなったことで、手に取った時違いを感じるかも。

それを許容範囲にするかどうかで考えは変わるかもしれません。

 

電源とバッテリー

  iPhone X iPhone 11 iPhone 11 Pro
駆動時間 iPhone 7より最大2時間長いバッテリー駆動時間 iPhone XRより最大1時間長いバッテリー駆動時間 iPhone XSより最大4時間長いバッテリー駆動時間
ビデオ再生(ワイヤレス) 最大13時間 最大17時間 最大18時間
ビデオストリーミング(ワイヤレス)   最大10時間 最大11時間
オーディオ再生(ワイヤレス) 最大60時間 最大65時間 最大65時間
リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
ワイヤレス充電
USB経由でコンピュータまたは電源アダプタを使って充電
高速充電に対応

 

昔と違ってiPhoneのバッテリーは1日余裕で持ちます。使い方次第では2日以上持たせることも出来ます。

 

こうして見るとバッテリーの持ちは向上したように思えます。

しかしAppleは具体的な数字ではなく、前モデルと比較して公表するので判断が難しいところもありますね。

 

それでもバッテリーが長持ちすることに変わりないので、あまり気にするポイントではないかもしれません。

 

あと充電時に使用するコネクタは残念ながらLightning継続と言うことで、USB-C搭載は叶いませんでした。

 

防沫性能、耐水性能、防塵性能

iPhone X iPhone 11 iPhone 11 Pro
IP67等級(最大水深1メートルで最大30分間) IP68等級(最大水深2メートルで最大30分間) IP68等級(最大水深4メートルで最大30分間)

 

iPhone Xから耐水仕様になったので、私は入浴時に持ち込む機会が増えました。

新しいモデルについてはそこもワンランク強化されたことで、より水場で気にせず使えるようになりますね。

 

注目のカメラの仕様

iPhone X iPhone 11 iPhone 11 Pro
デュアル12MPカメラ(広角と望遠) デュアル12MPカメラ(超広角と広角) トリプル12MPカメラ(超広角、広角、望遠)
広角:ƒ/1.8絞り値
望遠:ƒ/2.4絞り値
超広角:ƒ/2.4絞り値
広角:ƒ/1.8絞り値
超広角:ƒ/2.4絞り値
広角:ƒ/1.8絞り値
望遠:ƒ/2.0絞り値
  ナイトモード
  自動調整
デュアル光学式手ぶれ補正 光学式手ぶれ補正 デュアル光学式手ぶれ補正
2倍の光学ズームイン、最大10倍のデジタルズーム 2倍の光学ズームアウト、最大5倍のデジタルズーム 2倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、最大10倍のデジタルズーム
True Toneフラッシュとスローシンクロ より明るいTrue Toneフラッシュとスローシンクロ
ポートレートモード 進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
5つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)) 6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
写真の自動HDR 次世代のスマートHDR(写真)

 

プレゼンの大半を締めていた新しいカメラの仕様。

スマホはスペックとして行き着くところまで行き着いているので、iPhoneだけに限らず他のスマホもカメラを強化していくしか無いんでしょうね。

 

f:id:ruko036:20190911110200j:plain
f:id:ruko036:20190911110212j:plain
f:id:ruko036:20190911110206j:plain

iPhone 11 Proに関しては3眼になったことで、超広角範囲もカバーできるようになりました。

広く撮れるのは多くの方が求めていたことかもしれませんが、面白みはないですよね。

 

ここでマクロや魚眼と言った少し方向性が偏ったレンズを搭載して撮影を楽しませてくれるスマホになってくれれば、他社との違いを設けることができたのにと思った部分もあります。

その辺は変わり種が多いAndroid端末が優勢って気もします。

 

f:id:ruko036:20190911110823j:plain

あと暗所撮影を強化したナイトモードは注目しています。

これは2眼のiPhone 11でも使うことができるのがポイントになってきます。

 

iPhone Xのカメラを使っていても十分満足行く仕上がりを見せてくれていましたが、そこから更に強化されたと思うと使ってみたくなりますね。

 

フロントカメラも大幅に強化

iPhone X iPhone 11 iPhone 11 Pro
TrueDepthカメラ
7MPの写真 12MPの写真
ƒ/2.2絞り値
Retina Flash
写真の自動HDR 次世代のスマートHDR(写真)
ポートレートモード 進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
5つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)) 6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
  ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps)
  映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
1080p HDビデオ撮影(30fps) 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
アニ文字とミー文字

 

リアカメラの強化が目立ちますが、フロントカメラもiPhone Xから大幅に強化されています。

画素数は1200万画素になり、動画も4K 60fpsに対応しています。

 

私は自撮りをしませんが、する人にとっては最高の仕上がりになっているのではないでしょうか。

iPhone Xからどのモデルに買い換えるか?

f:id:ruko036:20190911113106j:plain

ここまで比較してきましたが、肝心なのはこれらを踏まえた上で買い換えるかどうか。

そして買い換えるならどのモデルにするかです。

 

ちなみにiPhone 11 Pro Maxは候補に入りません。

11 Proと仕様はほぼ変わらず、サイズが大きいだけですからね。

 

決め手となるのは、やはりカメラ性能。

超広角を必要とするかどうかで選ぶモデルは変わります。

 

サイズ感で見ると、iPhone 11は他と比べると大きく感じます。

 

買い換えるなら手持ちのiPhone Xを売って差額を支払うことになるので、支払う額としてはどれも似たようなもの。

 

発売当日に欲しいなら急いで決めて注文すべきでしょうが、大きな買い物だけあって現物を触ってから決めたいってところはあります。

 

冒頭ではiPhone 11 Proのミッドナイトグリーンを選択肢としていましたが、新しいガジェットを触りたい気持ちは変わらないので、選ぶならこれかなって感じですね。

容量としては256GB。

 

あとは132624円と言う大きな壁を乗り越えれるかどうかです。

予約受付は9月13日の夜9時からなので、少し検討してみようと思います。

おわり

Apple(日本)