る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

ダイキン加湿空気清浄機の銀イオンカートリッジ。10年持たずに中身が出てます!

ダイキンの加湿空気清浄機

数年前に購入してから、部屋の空気を綺麗にしてくれているダイキンの加湿空気清浄機を置いています。

 

ダイキン加湿空気清浄機 銀イオンカートリッジ

型番はMCK40L-W

型も古いので生産終了モデルです。

 

しかし動作に不満もないですし、壊れる様子もありません。

1年365日、(加湿)空気清浄機として仕事をしてくれています。

 

こう言った家電で必要不可欠になってくるのは、フィルターなどの掃除。

特に加湿する場合は水を使うので、その周りは特に念入りに掃除してあげたほうがいいです。

 

でもその掃除をしてる最中に以前からずっと気になってたことが有りました。

今回はその問題を解決してみることにします。

 

銀イオンカートリッジの役割

さて、その問題というのは加湿トレーの中にある『銀イオンカートリッジ』にあります。

 

この銀イオンカートリッジが何をしているのかと言うと、加湿に使う水の除菌・ヌメリ防止の役割を果たしてくれます。

 

汚れた水で加湿されると意味がないですからね。

銀イオンカートリッジはこの空気清浄機には欠かせないアイテムなのです。

 

中身が出ています

ダイキン加湿空気清浄機 銀イオンカートリッジ


問題の部分はこれです。

 

中身が出てます!

 

砂のような茶色いのが銀イオンの粒でしょう。

それが水に溶けこむ勢いでケースから流れ出てしまってます。

 

明らかに異常のように思えますが、大丈夫なのでしょうか。

 

10年間交換不要です

ダイキン加湿空気清浄機 銀イオンカートリッジ


気になったのでマニュアルを見てみることに。

銀イオンカートリッジについて書かれている部分には『10年交換不要』って書いてあります。

 

でも10年間も流れ出ている状態が続くと、とてもじゃないですが大丈夫とは思えません。

 

せめてカートリッジの中身が出てしまった状態についての補足などをマニュアルに明記してほしかったです。

この状態が正常なのか異常なのか判断基準が付けにくいです。

 

交換品がありません

家電系の消耗品は大体マニュアルの何処かに取り寄せる術が載っています。

この加湿空気清浄機のマニュアルにも交換品が載ってました。

 

ダイキン加湿空気清浄機 銀イオンカートリッジ


 

しかし肝心の 銀イオンカートリッジは載っていません。

と言う事は、メーカーから取り寄せることが出来ない!?

 

困った時は検索

困った時はGoogleで検索するに限ります。

検索すれば同じ現状の人が居ることも分かりますし、銀イオンカートリッジを売っている所も教えてくれます。

 

その肝心の売っている場所と言うのは、意外にもヨドバシカメラでした。

 

ダイキン加湿空気清浄機 銀イオンカートリッジ

 

『1952887』が型番でしょうか。検索をかけてみます。

商品ページには梱包された状態で写真が1枚。

商品本体の写真もほしいところ。

 

商品説明・概要を見ても、確認できるのは『ダイキン 空気洗浄機用銀イオンカートリッジ』ってことだけ。

どのタイプの空気清浄機に対応しているのか分かりません。

 

値段はそんなに高いものじゃないので買ってみてもいいかもしれない。

でも型が違ったらどうしたらいいの?

 

レビューに感謝

「さて、どうしたものか」ってなった時にレビューに目を通しました。

そして問題が一気に解決しました。

 

レビュー引用:

ACK55L-Wの購入時からついていたカードリッジの中身が粉々の砂状になっており、トレイが汚れてしまうために購入しました。
商品の形がわからなかったのでダメ元で注文してみたところ、同じものでしたので使えました。
ダイキンでは部品販売してくれず、送付して数千円支払わないと替えてもらえないので満足です。 

 

この方はカートリッジから中身が出ている悩みも同じで、「交換用としてこの商品を買っていいのか?」と言う悩みも同じでした。

唯一違う点として、本体の型が別ってことだけです。

 

親切にも最後には予備知識も書かれています。

 

ダイキンでは交換品の販売はせずに、駄目になった物をメーカーに送って交換というやり方で対応しているみたいですね。

そして料金も結構かかると。

 

そう考えたらヨドバシで約500円払って交換品を買って、自分で交換した方がオトクに問題が解決できますね。

 

注文、そして交換

ダイキン加湿空気清浄機 銀イオンカートリッジ


商品ページに載っていたままの物が届きました。

見た目、個人では買わず業者が取り寄せるような梱包ですね。

 

ダイキン加湿空気清浄機 銀イオンカートリッジ


更に封を開けると見覚えのある物が見えてきます。

ここまで来ると使えそうな雰囲気しかないので安心できますね。

 

あとは駄目になったカートリッジを交換するだけ。

問題なくハマり、交換完了です。

る〜子のおしまいコメント

今回の銀イオンカートリッジも含め、交換品に関しては探せば取り寄せることが出来るみたいなので、本体が壊れない限りは使い続けようと思っています。

 

春は花粉、冬は乾燥の対策として加湿空気清浄機は欠かせない家電の1つですね。

 

おわり

 

オススメ関連商品