る〜子のヲタく拝見

Enjoy Otaku LIFE

“る〜子のヲタく拝見”

『思い出のファミコン芸人』はトークより、背後のカセットの方が気になった話

「思い出のファミコン芸人」見ましたか?

6月15日放送のアメトークは『思い出のファミコン芸人』だったんで、ファミコン世代ギリギリであり、ゲーム大好き人間としてはチェックしない理由は無いってことでリアルタイムで放送を見ました。

 

分かっていた事なんですが、トーク内容がライトすぎ。

深夜帯での放送なんだからコアな話を期待していたんだけど、アメトークではそれは無理だったか・・・

 

紹介されるタイトルも「ファミコン=◯◯」と連想できるようなメジャータイトルばかりで、隠れた名作の紹介は無かったのが残念。

 

悪い回ではなかったとは思うけど、ネタがネタなだけに注目する層を考えたら叩かれてもおかしくないかなって感じがした1時間でした。

 

 

 

 

ミスキャスト

「ファミコン芸人」って付く以上、登場する芸人さん達もそれなりの人が登場して、彼も全国区番組に登場するのかなと思っていたけど出てこなかった。

 

ファミコン芸人と言えば、フジタでしょ!

 

 

この人にファミコンを語らせたらゴールデン・深夜両方入れて4週は行けただろうね。

流石にそんな企画は通らないから、今回は登場しなかったのかな。

 

でも確実に言えるのは、今回登場した芸人さんが束になってかかっていったとしても、ファミコン知識はフジタには叶わないだろうね。

 

背後が気になる

ファミコン芸人のトークを聞きながら番組を見ていたわけですが、それ以上に気になったのが背後に飾られていたファミコンカセット。

 

http://www.tv-asahi.co.jp/ametalk/backnumber/0790/42aa2d8466ded31b3cad0686f495252c.JPG

見てたら結構幅広く並べられていたんで、トーク内容よりも濃いなって感じがしました。

 

どうやら今回飾られていたカセット達は、エレキコミックの今立って人の私物らしい。

ファミコンだけで600本所持している内の一部を提供したとか。

エレキコミック公式サイト エレキズム

 

その中で、る〜子さんが欲しいなって思っていたタイトルも含まれていたんで「今立、やるやん」ってなってました。

 

超人狼戦記WARWOLF 

超人狼戦記ウォーウルフ

超人狼戦記ウォーウルフ

 

 

場所としては蛍原さんの後ろ辺りにこのカセットが飾られてました。

カメラワークで向けられる度に目に入ってくるんで気になって仕方なかったです。

 

発売日が1991年って事でファミコンからスーパーファミコンに切り替わっていった頃かな。

だから遊んだこと有る人ってそんなに居ないんじゃないかなと思う。

 

記憶違いでなければ、このソフトは我が家に有りました。

実際に遊んだ記憶も微かながら残ってますし。

 

 

音楽やゲームとしての作りが初期のタイトルと比べると最新な感じがしませんか?

 

でも何でしょう。

何処と無く、キャラがダサいw

 

カットシーンはカッコイイけど、ゲーム画面では妙に格好悪く見える。

背景のデザインは良いのに、キャラは何故こんなデザインなんだろう。

そこがファミコンって感じがして良いんだけどね。

 

まぁ、このゲームが地上波の番組で見切れていたのが嬉しかったわけでもありますよ。

 

 

ファミコンは今でも現役

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

 

何かと今でもファミコンは取り上げられるって事は、現役ハードと言っても過言ではないわけです。

 

去年はファミコンミニが発売されて話題となりましたが、あれは言っても内蔵されたデーターを遊ぶもの。

やっぱりファミコンはカートリッジを抜き差しして遊ぶのが良いんですよ。

 

レトロフリークってハードを過去に紹介もしました。

100本目指して店を転々として買ってましたが、未だに到達できていませんw

 

そう考えたら、今立の600本も凄いですが、フジタは神クラスだなと思った次第。

 

今回のアメトークやこの記事を見て、「ファミコンを久々に遊びたくなってきたな」って思う人が増えてくれたら幸いです。

おわり